>>中国オフショー開発・保守サポート  
 
日中連携開発概要
 1.日中連携開発作業の流れ
  日中連携開発作業の流れ  
  ※KIN(株):ケイアイエヌ株式会社
 北京KINX:北京凱恩克思科技有限公司 [日本語呼称:北京KINX科技有限公司 ]
 
     
 2.開発要員構成
  (2006年7月 現在)  
 
  KIN(株) 北京KINX 中国側 協力会社 日本語レベル
SE 20名 30名 20名 日本語能力試験 2級以上
PG 30名 75名 20名 日本語能力試験 3級以上
 
     
 3.リスク管理
     
  中国側に予測不可能な事態が発生した場合でも、KIN(株)が責任を持ってプロジェクトを継続し、品質及び納期を保証致します。  
     
 4.日本語ドキュメントの使用
     
  各開発工程で使用するドキュメント及び顧客との打合せは、全て日本語で行います。  
  (お客様からご提供頂く資料はもとより、各開発工程で作成する各種ドキュメントおよび 管理資料の全てが日本語です)  
     
 
作成ドキュメント ・各種 仕様書/設計書/管理用文書   
・週間進捗報告書 ・スケジュール管理表 ・連絡メール ・Q/A票 
お客様との打合せ ・定例会 ・TV会議 ・電話    
 
     
 5.開発中の問題点及び解決策
     
 
フェーズ 問題点 対策
設計 仕様の理解不足/誤解       仕様確認ワークフローの明確化、TV会議にて仕様説明    
BSEにより、現地要員の仕様理解度を確認 (現地へのBSE派遣も可能)   
処理ケース漏れ   単体テスト仕様書の早期作成/チェックの実施    
製造 ソースコードに統一性がない(共通化出来ない)
→メンテナンス性の低下   
開発標準の作成&周知の徹底、サンプルコードの提供    
品質が均一化出来ない(品質低下) テンプレートを活用、BSEによるソースレビューの実施    
検収 検収時の初期不具合が多い  KIN(株)にて受入テストを実施     
障害の対応漏れ   障害処理一覧表をKIN(株)で管理し、毎日現地と相互に確認   
保守 仕様変更/追加に時間がかかる  緊急度の高い仕様変更等は、KIN(株)にて対応    
現地担当者が辞め、保守できる人がいない    KIN(株)にて対応      
共通 各拠点の環境不一致に起因する問題の発生 開発環境確認書に基づく、各拠点の環境維持を実施    
 
     
 6.日中連携開発実例
     
 
プロジェクト名 システム概要 開発環境 規模 工程 開発期間 備考
多店舗展開支援
情報システム
コンビニ等の多店舗型業務の支援情報システム
(商品管理/店舗管理/販売管理/分析等)
OS:Linux/Windows
言語:VC++、C
DB:DBMaster
1次:80人月
2次:100人月
詳細設計

結合テスト
1次:4ヶ月
2次:5ヶ月
 
設備CADパッケージ
中国語版ローカライズ
建築設備CADパッケージソフトの中国語版ローカライズ作業  OS:WindosXP
言語:VC++(6.0〜2005)
15人月 要件定義

リリース支援
3ヶ月  
船舶運送管理システム 船舶の運送管理システム  OS:Windos2000
言語:Developer suite
DB:Oracle
30人月 概要設計

結合テスト
3ヶ月  
出荷管理システム 海外取引向けの出荷管理処理システム OS:UINX,Windos2000
言語:Java,Jsp,EJB
DB:Oracle
30人月 概要設計

結合テスト
6ヶ月  
貿易保険管理システム 海外営業会社において案件の保険付保判定及び貿易保険申請書の登録、承認、その状態の監視を行うシステムです OS:UINX,Windos2000
言語:Java,Jsp,EJB
DB:Oracle
30人月 概要設計

結合テスト
6ヶ月  
KNC操業システム 製紙工場の計画->物流->溶解->塗布->評価を一元化操業管理システムです OS:UINX,Windos95
言語:Symfoware,C
DB:Symfoware
40人月 概要設計

総合テスト
5ヶ月  
 
     
 7.KIN(株)事業内容
     
  ・営業支援系/販売管理系/物流管理系/顧客管理系/生産管理系/PDM系/CAD系 システム等の受託開発  
  ・WEBシステム、C/Sシステム、各種アプリケーション、パッケージソフトウェアの受託開発  
  ・CADパッケージソフトウェアの製造/販売  
  ・中国でのソフトウェアパッケージ、ネット関連製品(ハードウェア)の販売  
     
 

            ● TV/電話会議により、仕様/Q&A等を、迅速かつ正確に伝達でき、仕様変更にも
               柔軟に対応することが出来ます。また、出張費用等の経費も削減できます。

            ● 作成ドキュメント 及び お客様との打合せは、全て日本語で行いますので
               お客様に国外(中国)開発を意識させる事なく、低コストで高品質なソリューションを
               ご提供いたします。

            ● 経験豊富なKIN(株)の中国人BSEが中国側開発体制を管理/指導致しますので
               一般に言われております言葉や習慣の違いに起因する問題は発生しません。
               ※BSE・・・BridgeSE

            ● ケイアイエヌ(株)が、責任を持って品質、納期を保証いたします。

 
     
 
 
Copyrights(C) 1996 - 2016 KIN CO.,LTD ,ALL Rights Reserved